コロナウイルスが蔓延している中、どうしてる?

最近はニュースを見ていてもすべてコロナウイルスのことばかり。東京では特に感染者が多く、医療崩壊も間もなく起こるのではという危機に見舞われています。

自粛ムードが高くなり、屋外ライドをするとこんなときに何やっているんだと周りからの目が気になるところですね。

東京近郊の方は屋外に出ての走り込みは残念ながらできないでしょう。

北海道では札幌市で緊急事態宣言が出されましたが、地方では今のところ感染者も少なくそれほど騒いでいる状態ではありません。

僕は超ド田舎に住んでいるので、周囲で感染者は出ていないのですが、それでも誰がどこに行くのかわからないので注意しなければなりません。

では、自転車乗りがコロナウイルスに感染しないためにどのような対策を取ればいいのか、一般的に言われていることをまとめてみましたので、参考にして下さい。

手を清潔に

youtubeにも手洗いについて動画を上げている人が多数いますが、常に手を清潔にしていることが感染予防につながります。

ウイルスは手を介して目や口などから感染するようなので、手を洗う習慣があまりない人は石鹸で手を洗う癖をつけましょう。

グループライドを控える

3密を控えるという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

  1. 換気の悪い「密閉」空間
  2. 多数が集まる「密集」場所
  3. 間近で会話や発声をする「密接」場面

コロナウイルスからの感染を避けるために言われていることですが、グループライドをするにあたり「多数の人があつまる密集場所」を作ってしまうことになります。

ロードバイクで走りだしてしまえば「密集場所」には当てはまらないことにはなりますが、それでも止まった時などには密集してしまいます。

これを考えるとグループライドは避け、できるだけ単独ライドをするべきだと思いますね。

補給食を大量に持ってライドしよう

ぼっちライドをするにあたり、できるだけ店に寄ることのないよう、補給食は大量に持って出かけましょう。

建物の中に入ることで「密閉空間」に入ることなります。

ということはコロナウイルス感染リスクが高くなるということにつながります。

コンビニも不特定多数の人が出入りしていますので、店舗に入ることでいつ感染してもおかしくないと思いましょう。

ライド中はできるだけ建物の中に入らないことをオススメします。

できるだけ人のいないコースを選ぼう

僕は田舎に住んでいるので10km走っても誰にも会わないことはしょっちゅうです。外を走っていて「ヒトヒト感染」になることはまずないのですが、もし人の多い所に住んでいる方は、人のいないルートを積極的に選ぶようにしましょう。

これだけでも感染を防ぐ予防になります。

外出後はうがい手洗い、風呂に入って清潔に

ちょっとやり過ぎかと思う方もいるとは思いますが、どこでウイルスをもらってくるかわからないので、ライド後は徹底した体の洗浄を行いましょう。

うがい手洗いは最低行い、できれば自宅に戻り次第すぐに入浴、着ていた服はすぐに洗濯することを徹底すれば、コロナウイルス感染を防ぐことができると思いますので徹底しましょう。

自分でできる最低限のことを行うことで感染リスクを抑えることができますので、疲れていて休みたい気持ちもあると思いますが、行動は素早く躊躇なく実行しましょう。

インドアトレーニングをしよう

出典:ZWIFT

家族や近所の目があり、屋外を走ることができないという方は、インドアトレーニングをするしかありません。

ZWIFTしましょう♪ということです。

これなら屋外に出ることなく、楽しくトレーニングもできます。

コロナウイルスの影響からなのか、最近はやたらとローラー台が売れているようですね。

持っていない方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

トレーニング負荷の上げすぎに注意

極端な高負荷トレーニングを行うと免疫力の低下につながることをご存知でしょうか?

トレーニングピークスなどのトレーニングアプリでFORMが-20を下回ると風邪をひきやすくなると言われています。

レースイベントも他のイベントと同じく中止されている事案が多数あります。今シーズンはほとんどのレースがおそらく中止となるでしょう。

あまり力まず、コロナウイルスにかからないようにトレーニングほどほどにしましょう。

医療機関に迷惑を掛けないようにしよう

外でロードバイクを走っている人でろくに前を見ず、恐ろしい勢いで負荷を上げて走っている人を見かけます。

トレーニングがんばっているのでしょうが、間違えてもけがをするような行動をしないようにしましょう。

現在医療機関はコロナウイルスの影響で感染者が病院等に殺到、過去にないほど忙しい状況に置かれていることに間違いありません。

そこに自分のミスでけがをして病院に運ばれるなどあっては言語道断。迷惑極まりないですから、十分注意してください。

まとめ:こんなときなので

コロナウイルスが蔓延しているので、自転車トレーニングはできるだけローラー台を使い、屋外での走行はできるだけ避けるようにした方がいいでしょう。

特に北海道では札幌市で日々感染者が出ている状況。

近くに無症状の方が歩いているかもしれないことを考えると、屋外には一般的なニュースで報道されているように出ない方が賢明です。(緊急事態宣言が出されている事ですしね。)

ただ、屋内にずっといるのもストレスが溜まって逆に体に悪いと困っている人もいることでしょう。

屋外ライドをするのであれば車で札幌市から脱出、平坦路ではなく、ヒルクライムトレーニングをするという方法が一番いいのかなと思います。(山なら人に会うことは極端に少ないと思いますので)

少しでも人に会う機会を減らすよう普段から心掛けましょう。

しつこいかもしれませんが、トレーニングはほどほどに。。。