wiggleで購入したOAKLEYのJAWBREAKERをアジアンフィット化

ロードバイク乗りのド定番、オークリーのサングラスと言えばジョーブレーカーです。

ロードレース会場に行くと、大半の人が使っているように思いますが、オークリーのサングラスはどれも高額で簡単に購入できるものではありません。日本で購入すると3万円くらいする商品です。

そこで、海外通販のウイグルなどで購入する方が多いとは思いますが、海外通販のものはUSフィット商品がほとんどで、、我々アジア人の骨格や鼻の高さがあわないため、安く購入してもフィットせず使えないという方が多いと聞いています。

実際にガイツーで購入したオークリーのサングラスはフィット感が悪く、すぐに使わなくなってしまったのですが、調べてみるとアジアンフィット化できるオークリーのオプション品がアマゾンで購入可能ではありませんか!

そこで早速購入、取付して使用してみました。

サングラス、ノーズパット購入時期

オークリー ジョーブレーカー購入

ジョーブレーカー購入は2018年5月3日。何度か使用しましたが、結局フィット感が悪く、ほとんど使用していませんでした…。

ノーズパッド購入

1年間使用していなかったジョーブレーカーをアジアンフィット化。これで快適に使えるなら今後使おうかなと思ったわけです。

早速取替

ノーズパッドケース

掌に乗る程度の大きさの小さなパッケージに封入されています。

中身

ケースの中にはアジアンフィット用のノーズパッド2つとサングラスの耳掛け部分(左右)が入っています。これらを早速交換していきます。

耳掛け部分

耳掛け固定部を上げる

ジョーブレーカーを持っている方は写真でわかると思いますが、このようにレバーを上に浮かせ、写真右側に引っ張ると簡単に耳掛け部分が抜けます。

耳掛け部分を外す

こんな感じ♪

後は外して手順で差し込み、レバーを倒すだけで耳掛け部分が外れないように固定されます。

ノーズパッド部分

ノーズパッド取替前

フィット感が悪いのはほぼ間違いなくノーズパッドが低いことが原因。ここが変わればグッとフィット感が良くなるはずです。

ノーズパッド取り外し

ゆっくり下に引き抜くだけで簡単に取れてきます。最初悩みましたが、なんてことはありませんでした。

取り外し後

簡単に取れました。

ノーズパッド比較

ついでにノーズパッドを比較してみました。左がUSフィット、右がアジアンフィットです。アジアンフィットの方が幅が狭く、尚且つ高さがあります。

ノーズパッド差し込み、完了

後は逆の手順で取り付けするだけです。ノーズパッドの穴が小さかったので取付できるのか?と心配になりましたが、かなり柔軟性のある商品のため、ちょっと押し込んであげるとスルッと入っていきました。

実際に使用してみた

USフィットモデルをそのまま使うとノーズ部分でいつもガタガタしていて、ヘルメット前方にぶつかることも以前はあったのですが、ノーズパッド交換でバッチリフィットし、とても快適です。

わずか3000円で快適なフィット感を得られるので、現在USフィットモデルを使っている方に是非おすすめしたい!

購入して正解でした!

ここがポイント

  • オークリーのサングラス購入はガイツーで
  • USフィットモデルからアジアンフィットに変更でフィット感抜群
  • たくさんの方が使っているので使用感は間違いない(とても快適)
  • 購入時期によりトータル2万円以下でアジアンフィットにできる