ロードバイクで速く走るためのトレーニング(初心者向け)

ロードバイクで速く走るためにはどうしたらいいのか?と考えている方って結構多いように感じます。

サイクリングがメインとしている人はそんなことを思っていないようですが、ちょっとでもヒルクライムイベントなどに出てみようと思っている人は、常日頃考えているのではないでしょうか?

そこで、僕自身が普段どのようにトレーニングしているのかを簡単ですが書いてみようと思います。

僕より速い人はたくさんいるので、身近に日々トレーニングに励んでいて、速い人を知っているのであれば、その方から聞いてトレーニングするのが手っ取り早いと思います。

もし聞く人がいない場合はこの記事から少しでも情報を得て実践していただければ早くなるのかな?と思います(笑)

今回は初心者向けの記事ですが、みなさんの参考になれば幸いです。

初心者のうちはとにかく乗る

乗り始めてトータル1万キロに達していない人は、とにかくロードバイクに乗ってください。

僕も素人なのであまり偉そうなことは言えませんが、とにかく乗ることを中心でトレーニングをしています。

毎年年間1万キロを超える距離を走るようになってからは、レースなどのイベントに出てもそれなりの結果を残せるようになってきました。

楽して速くなる方法はありません。

いきなり年間1万キロはむずかしいかと思いますので、まず年間最低目標5千キロ、これが無理なら実力は現状維持で推移すると考えましょう。

また、ロードバイクに乗っている人は山登りをしてトレーニングをする傾向がありますが、いきなり山登りをするのは辛いと思いますので、あまり慌てず、まずは平坦トレーニング中心でロードバイクに乗りましょう。そのほうがスピードも出て楽しいですしね。

平坦で時速30km維持で走ることが苦にならなくなってきたら、山登りトレーニングという形でステップアップしましょう。

まず50kmライドに挑戦

乗り始めてすぐのころは20kmでも長距離に感じると思いますが、乗りなれてくると、50kmくらいは普通に乗れるような距離になってきます。

まず1回のライドで50km走破!これが初心者脱却の最低条件です。

そして慣れてきたら70km、100kmと一回のライドでの距離を伸ばしていきましょう。

とにかく乗れば初心者から抜け出せる程度の実力はついてきますので、まず乗りましょう♪

近くにSTRAVAの区間があったらそこでトレーニング

レースに出てみようと考えているならSTRAVAのセグメントを近所で見つけて、そこでタイムトライアルをしてみるというのもいいトレーニングになると思います。ヒルクライムレースであれば坂で、タイムトライアルやクリテリウム狙いなら平坦区間でそれぞれトレーニングしてみましょう。自分がどのあたりの順位にいるのかを試すのも実力を把握するには重要なことです。

イベントに出てみるのもアリ

いきなりヒルクライムレースに出るのも酷だと思いますので、まずはポタライドイベントに出場してみてはいかがでしょうか?

速くなりたい!という気持ちもわかりますが、イベントに出たことがないのであれば、どのようなものか体験してみるのもいいと思います。

中札内グルメフォンド空知グルメフォンドは、ロングコースを選択すると100km超の長距離をイベントで出される食べ物を補給しながら楽しむことができますので、いきなりレース出場に抵抗がある方は参加しても面白いと思います。

ロードバイク好きの仲間を見つける

速くなるためと思って一人でコツコツとトレーニングをしても、マンネリ化してしまい、モチベーションの維持も大変だと思います。

周辺の市町村でロードバイクのチームやクラブがあるようでしたら、参加してみるというのもいいと思います。チームに参加すると定期的に走ると思いますので、実力もつくと思いますよ。

こういったグループはホームページを持っていないこともあるので、もし見つからない場合は、近くのショップや自転車店などに行って聞いてみるといいですよ!

ここがポイント

  • とにかく走りこむ
  • 仲間を見つける
  • チームに加入する
  • イベントに出てみる

このあたりをまずは実践してみてはどうでしょうか?何かきっかけを見つけることができると思いますよ♪