ショートサドルについてあれこれ語ってみます

サドルっていってもたくさん種類がありますが、ロードバイクに乗っている人の中でも特に人気のサドルがスペシャライズドのパワーサドル。

通称ショートサドルと言われるタイプです。
仲間内でも使っている人がめちゃくちゃ多いサドルです。

サドルって普通に乗るなら、よほどお尻に合わないものでない限り取替する必要のないものですが、「もう少し柔らかいものがいいな~」など、人によっていろいろな要求はあるかと思いますが、僕は見た目が好きだから導入しているということもあります(笑)。実際に見た目で選んでいる人も多いようですが。

ということで、独断と偏見で好き勝手にショートサドルについて書いていきたいと思います。

ショートサドルなぜ出てきた?

プロロゴ ディメンション
プロロゴ ディメンション 重量

ショートサドルはもともとトライアスロン機材。通常のサドルでは前乗りでペダリングしたときに荷重が尿道裏部分にかかってしまい、体にやさしくありませんでした。

その悩みを解決してくれるのが、ショートノーズサドルです。

通常のサドルに比べ、レール位置も若干後方へ、また前方を短くしたことにより、前にサドルを移動させることができます。その結果、前乗りポジションを取りやすくなっています。

従来のサドルでは前に出し過ぎるとBB中心より前に出てしまうことにより、ロードレースのレギュレーションに引っかかってしまうことがサドルによってはありましたが、ショートノーズだとそのようなことはなくなります。

レースをしないサイクリストの方はこのような事を気にする必要なないですが、サドルがとてもすっきりしていて、ロードバイクの見た目は引き締まりますので、見た目が好きなら導入もありと思います。

ただ、基本的にショートサドルはあまり柔らかい作りのサドルはないと思われますので、座り心地は硬いと思っていただいていいです。

やわらかいサドルをお探しならフィジークのアリアンテあたりがいいのかなと思います。

僕が今まで使ったサドルで一番やわらかいと思います。押すと簡単に凹みます。(他にもやわらかいサドルがあるかもしれませんが…。)

どのような人に向いている?

スペシャライズド パワーサドル ホログラフィックカラー
パワーサドル ホログラフィックカラー

ショートノズルサドルは前乗りポジションを取りやすいと説明しましたが、どのような方に必要なのかを考えてみます。

  • 常に強度の高いトレーニングを行っている人
  • ペダルにしっかり体重をかけて乗る人

ではないかと思います。

特別レースをするわけでもないのであれば、ショートサドルは必要ないものと思います。

また、ダンシングしている状態からシッティングに切り替えするときにサドルの先端が引っかかって不快という人にもショートサドルはオススメできます。(僕も実際これが不快でショートサドルにしたという経緯があります。)

スペシャライズド パワーサドル チタンレール
パワーサドル チタンレール

逆に必要ない人は

どのような人が不必要かというと

  • サイクリングしかしない
  • レースに興味がない(速くなりたいと思わない人)
  • 高強度トレーニングはしない
  • 通称ゆるポタメインの人

ペダルに力を入れて乗ることのない人には全く不必要なものと言えます。

元々がレースに使う機材なので、当然といえば当然です。またゆるポタメインなら通常のサドルの方が快適にサイクリングできると思います。(サドルが長い分細かにお尻のポジションを調整できる)

まとめ

レーシング機材と言えるショートサドルは高強度トレーニングを行う方やレースを行う人にとって最適なもの。

ゆるポタ勢には全く必要なものではありません…。