エリートのVOLANOを修理してみた(異音解消)

メインで使っているエリート社のダイレクトドライブローラー台、VOLANO(ヴォラーノ)から、カラカラと異音が鳴り出したので、分解して何が原因なのか調査、そしてできるようなら修理をしようと分解して悪あがきをみることにしました。

メーカーに修理依頼出せばいいのですが、2018年購入商品のため、すでに保証はなし。そして大きく重いので送料もバカにならないであろうことは想像できたので、部品が壊れていない限りは自分で直せるだろうという考えから安易に修理してみようと思ったわけですが、果たしてその結果は…。

※完全に我流で修理していますので、万が一この修理方法でローラー台に問題が発生しても当方では責任を負いませんので、修理される際は自己責任でお願いします。

カバー部のネジを取り外す

VOLANO カバー分解

ネジの数が多いだけでプラスドライバー1本でカバーが外せます。ネジは3種類あり、回転部分上部についているカバー1本がタッピングビス、ローラー側面の1本のネジが長いのものになっているので取り外した時に位置を忘れないように覚えておきましょう。

カバーを外す

カバーはネジさえ取れてしまえば引っかかるところもないので簡単に取り外せます。ペダルをこぐとカラカラと音がなることから回転部の軸受けが怪しいことは確実と思っていたので、実際に回してどこから音がなるのか探ります。

自転車のフレームのように、ハンドル付近から音がなっていると思ったら、BBの異音が伝わってハンドル付近で聞こえていたなんていうこともあったりするので、ローラー台でも同様のことが考えられます。音の位置を慎重に判断します。

結果はベルトが掛かっている、黒い樹脂パーツの軸受け部分が怪しいとわかりました。軸受け部を触ると音と一緒に振動が伝わってきます。

ベルトのテンションを調整している部分を触るとギシギシと音がする…(黒い部品)

スナップリングプライヤーを用意する

軸受け部分はスナップリングで回転部を固定してあるので、まずこれを取り外さなければなりません。

買ってきたスナップリングプライヤーが穴用だったため、取り外しできず…。

また穴のサイズが小さいため穴に工具を入れることもできず。

スナップリングの穴径が1.8mm程度なので、それより小さい穴径の工具を買って用意しましょう。(また穴用ではなく、軸用を買いましょう。)

スナップリングを外すと軸受け部がフリーとなり動かすことができるようになるはずです。そこにグリスアップすれば音鳴りは解消できると思います。今回はスナップリングがないため取り外しを断念しました。(田舎住まいのため、工具を買いに行くのに30分かかるため…)

隣にあるファンを取り外そうとするも…

冷却ファン

今後のことも考え、念のため隣にある白い冷却ファンを取り外そうと思いましたが、何をどうしても取り外すことができず…。本格的にベルトテンショナー部分の軸受けにグリスを入れる場合はちょっと手間がかかりそうです。

いま思えば裏に軸固定用のボルトがあったかもしれません…。

チェーンオイルを軸受け部に注油

軸受けを上に向けて少しでも奥に入りやすいようにして注油~

これで音鳴りが解決してくれればいいな~と思いつつチェーンオイルを入れてみました。若干のガタがあったので揺らしながら入れると少しづつ入っていきます。ここは時間をかけて、じっくりと…。

5分くらいすると音鳴りが徐々になくなっていきました。思ったより簡単に異音が解消された!

後は外した手順と逆にカバーを戻していくだけ、修理完了です♪

追記 5/18

ペダリングをしているとペダルにカタカタと振動が伝わるようになってきたので再度ばらしてみることに。

よく見るとこれってベアリングだよね?

前回はオイルを指してごまかしていたけど、今度はペアリングシールを外して硬めのベアリンググリスを注入することにしました。

予想通りベアリングでした。この部分にグリスを多めに入れて試し乗り!

カタカタ音も消え、完全に新品状態になりました。

音鳴りが出てきたら、まずここにグリスアップすることをオススメします!

MISURO B+の設定

MISURO B+本体

VOLANOの場合はLED点滅が14回となるよう、設定ボタンを押して調整していきます。そうすることで、VOLANO用のデータを送信してくれるようです。

MISURO B+ 開封

左上にあるボタンを一度押すたびに右上に点灯するLEDの点滅回数が増えていきますので、設定は簡単かと思います。

MISURO B+ LED点滅

MISURO B+ 本体設置について

送風ファンの下に黒い部分があります。ここにMISURO B+を設置するのですが、ネジが硬くて取るのに苦労している方が多いようですね。中にはプラスドライバーが合わないから精密ドライバーで外そうとしている強者もいるみたいです。

通常のプラスドライバーの規格は+2というサイズなのですが、ここに使われているネジはNo.1という規格のネジです。

精密ドライバーでも取り外しできないことはないのですが、どうせでしたらNo.1の規格にあったドライバーを今後も使うかもしれませんので購入して取り外しましょう。

僕はNo.1規格のドライバーを持っていたので、ネジを簡単に外せました♪

ここのネジも固く締められているので、普通の精密ドライバーで外そうとするとネジを舐めてしまい、取り外せなくなる可能性大です。

タイヤ周長の設定

MISURO B+はスピード、ケイデンス、パワーの3つを出力します。パワーとケイデンスはサイコンと通信させるだけで簡単使えるようになります。(ただケイデンスはどのように計測しているのか不明…。)

タイヤ周長は何も設定せずに使うと異常な速度を計測しますので、タイヤ周長を「83mm」に設定してあげましょう。

これで正常速度で表示されるようになります。

まとめ

VOLANOの作りは思ったより簡単でした。カバーさえ外してしまえばベルト、軸受け部などが丸見えのため、部品が破損でもしていない限りは今後も自分でグリスアップ等して修理できそうです。

ということで、VOLANOの修理が無事完了しましたとさ。という内容でした。

調べてみると同じエリート社のDRIVO(ドライヴォ)やKURA(クラ)、TURNO(トゥルノ)も異音が発生しているという事例があるようです。

その対策について見つけましたので紹介したいと思います。

ダイレクトドライブ系(VOLANO以外)の異音
キュルキュルというような異音がする場合、ベルトの鳴きが考えられ、ベルト部分にグリスを塗布することで改善いたします。
シリコン系のグリスを、ベルトのフライホイールに当たる面数箇所に少量ずつ塗布して下さい。
※シリコン系以外のグリスは故障の原因になりますので絶対に使用しないでください。
※分解、組み立てが必要なメンテナンスはご購入の販売店でご相談ください。

https://www.riogrande.co.jp/image/node/68446

異音で困っている方は参考までにどうぞ♪グリスアップだけで直るかもしれませんよ!