GARMIN先生を使ってFTP計測してみた

パイオニアのパワーメーターを所持しているにもかかわらず、今までFTPの計測というものをしたことがなかったのですが。この度自分がどのくらいパワーがあるのかを試してみたくなったので、ガーミンのEDGE 820Jに搭載されているFTP計測を試してみることにしました。

極端に負荷をかけて走らなくても280W程度のFTP計測を何度もサイコンで表示されているので、300W近くは出るのかなと思っていますが、果たしてどのくらいの数値を叩き出せるのか、結果はいかに…。

今回の測定機材はVOLANO、パイオニアのパワーメーターを使わずMISURO B+で測定してみます。

FTP計測の方法

まずはガーミンの設定から。

GARMIN EDGE 820J

画面の〇部分をタップ

続いてマイデータをタップ

続いてFTPをタップ

続いてFTPテストをタップ

テストスタートをタップ。するとウォーミングアップ画面に切り替わります。

FTP計測の前にウォーミングアップ

ガーミンでもウォーミングアップをするように指摘されます。これには時間が決まっていないので、十分体を温めてから行います。とりあえず5分くらいあればいいのではないでしょうか。

ラップボタンを押すとFTP計測が開始されます。(ラップボタンは画面左下にあります。)

FTP計測の開始

決められた値になるようパワーを調整していきます。

最初は軽い負荷から始まりますが、4分毎に徐々に重くなっていきます。

僕の場合は220-240Wから始まりましたが、人によってはスタートの値が違う可能性があります。(詳細は不明)

次は245-265W。まだまだ耐えられるレベルです。これをまた4分間。

次は270-290W。かなり辛くなってきた…。

こうしてどんどんパワー設定値が増えていきます。後半はただただつらい。脚の筋肉がちぎれそうです…。

FTP計測の結果

300Wを何とか達成!

しかしこの冬で体重が70kgに増えてしまい、パワーウエイトレシオは4.29kg/Wという残念な結果に…。

5月の初レースの道新杯までなんとか65kgくらいまで落とさないといけませんね。そうすると4.61kg/Wまで上がりますので、この体重を維持すれば今シーズンは少しはマシなレースができるかも…。なんて考えています(笑)

筋肉を落とさず簡単にできる痩せ方、誰か教えてください(´Д`)

FTP計測するにあたり必要なもの

FTP計測するにあたり、計測機能のついているサイクルコンピュータ、パワーメーター、心拍計が必要です。

また、屋外でもできるのですが、一時停止で止まったり、信号待ちで停止するなどが考えらえるため、できれば室内ですることがベストです。

そのため、ローラー台も必要となります。

安い物でしたらメルカリで1万円せずに購入することも可能と思いますので、一つ用意しておいた方がいいでしょう。

冬のトレーニングも役立ちますしね♪