VOLANOとFG542の違いについてザックリ紹介

冬の間、外では全く走ることができないので、室内トレーニングを行っていると思いますが、実際どの機材を使われているのでしょうか?

僕自身、エリート社のVOLANO(ダイレクトドライブローラー台)とミノウラ社のFG542(ハイブリッドローラー)の2台を所持していて室内トレーニング機材として使っています。(三本ローラーも使っていますが、こちらはほとんど使っていません)

メインに使っているのはVOLANOです。負荷が結構高く、十分なパワートレーニングができ、タイヤドライブ式のように滑ることもないので大変気に入っています。

今回は実際にどちらも使ってみて負荷、音、振動など実際に感じたこと、騒音について家族から言われたことなどを中心にレビューしたいと思います。

ELITE VOLANO(エリート ヴォラーノ)

ELITE VOLANO

騒音

使用中とても静か。扉さえ閉めてしまえば隣の部屋にいても音が聞こえないと家族からは大好評。音も聞こえず、また振動も気にならないレベルのようです。

逆にチェーンの音やギアチェンジの音の方がはるかに大きいです。

通常の三本ローラーはハイブリッドローラーではローラーの音がうるさく、youtubeなどの動画音声を聞くことはほぼ難しかったのですが、これなら静かなので、しっかり音を聞くことができます。(とはいっても無音ではありません。どのローラーよりも静かだという程度です。)

負荷

使用している本人も負荷がそれなりにあり、素人レベルでは十分と言えるほどパワートレーニングに使えます。インターバルトレーニングをするにしても公称800Wと言われるパワーを使い切ることはできません。

このパワーを使い切って負荷が足りないということなら、さらなる上位機種を選びましょう。

実際屋外でトレーニングしているときに出る負荷よりパワーメーターの数値が同じでもより負荷を感じます。

オイルフルード式なので負荷の上がり方がスムーズ。スピードが上がるにつれ滑らかに負荷が上がっていきます。

負荷が高いので、常にヒルクライムトレーニングをしているようなイメージ。バイクこそ水平ですが、負荷は常に高め。前輪を上げればまさにヒルクライムトレーニングにピッタリだと思います。

設置

後輪を外して組み込まなければならず、ホイールの脱着がちょっと面倒かなと。それ以外は特別不便は感じません。あとは毎回収納している人は約11kgという重さがネックと思う人もいるかもしれませんね。

デメリット

使っていて特にデメリットは感じません。あえて言えば本体を毎回片付けしなければならない人は重量があるので出し入れが面倒ということくらいでしょう。

それと、音は少ないものの、振動はそれなりに発生します。400Wくらいになるとブーンという住宅に響く低振動が…。

床強度が高い住宅場合は問題ないのでしょうが、家に響きます。

それと、作りの問題だとは思いますが、どうしてもドライブ側に倒れがちになるので、乗っていると体が右に傾くような違和感を覚えます。

その場合はドライブ側の脚にパッキンを挟めて上げれば水平を保てます。気になる方は試してみて下さい。

ミノウラ FG542

騒音

タイヤとローラーが回るので、結構激しい音がします。しかし、振動はあまりしないようで、床には響かないようです。

とはいっても隣の部屋にいてもかなりの音が聞こえているみたいで、テレビの音が聞こえにくくなっているようです。

この音の問題で、住宅内で使うのは家族の協力がかなり必要と思います。

僕は使うたびに家族から音がうるさいと言われ続けていました…。

負荷

調整機能がついているので、それなりの負荷をかけることができます。

全体的に負荷はVOLANOより低め。ギアをアウタートップにしてケイデンスを思いっきり上げれば700Wくらいまでならなんとか出せるといったところでしょうか。

負荷は7段階調整ですが、1~3はわかりやすく負荷が上がっていきますが、4~6は10W程度の負荷しか上がっていきません。そして最後の一番重い負荷の7にするとまた急に負荷が上がるという感じで、負荷の上昇レベルが一定ではありません。

マグネット式負荷調整はこんなものなのかな?まさか故障しているわけではないと思いますので、そのまま使っています。(買ったときからその状態でしたので)

設置

フロントフォークを外してタイヤの代わりに前輪固定台に設置してクイックで固定するのみ。ハイブリッドローラーが2分割になっているので毎回収納している人は設置が面倒だとは思いますが、ロードバイクへの設置はとても簡単です!

デメリット

デメリットはやはり騒音です。

このようなローラー台は回転部分が多いので、どうしても作動音が大きくなりがちです。低音の響く音は思ったより少ないようですが、マンションなどでは使用はできないと思います。

ここがポイント

  • 騒音 VOLANO<FG542
  • 負荷 VOLANO>FG542
  • 設置 VOLANO≒FG542
  • 実走感 VOLANO<FG542
  • オススメ VOLANO>FG542
  • 価格(定価・税抜)
    VOLANO 44,800円
    FG542 55,000円
    ※2月1日よりVOLANOの定価が1万円下がりました

普段から住宅ではなく、離れの車庫などでトレーニングを行っている方は騒音の問題は全くないと思いますので、実走感を取るか、負荷を取るかで選ばれればいいと思います。

インドアトレーニングは単調なので、少しでも楽しくできるような機材選びは必要だと思います。場合によってはスタンディングデスクなどを用意してyoutubeを見ながらトレーニングすることも検討してもいいと思います。

強くなりたいならインドアトレーニングも必要ですよ♪