【初心者向け】ロードバイクで100km走るコツ

ロードバイクを買った!少しづつ距離も走れるようになってきて50kmくらいなら乗れるようになってきたから次は100kmに挑戦だ!

と何も考えずに実行するとエネルギー不足になったり、体のあちこちが痛くなったりと大変なことに…。

今回はロードバイクに乗り始めた初心者さんのために100kmを走る簡単なコツを紹介していきたいと思います。

初めて100km走るときはサイクリング並みの低負荷で

」「よーし、今日は走るぞ~」と気合が入っているので、最初はハイペースになりがちですが、ここはグッと我慢してローペースで走りましょう。

100kmを走るというのは結構大変なこと。負荷を上げるのは一度100kmを走ってからでも遅くはありません。無理のないペースで走りましょう。

また、山を走るルートを選ぶと後半体がもたなくなると思います。あくまでも平坦メインでルートを決めましょう。

肩、腕に力を入れて乗らない

肩や腕に力を入れるとダイレクトに衝撃が体に伝わります。一回の衝撃は大したことがなくても長時間走ると体に疲労が蓄積されます。

あちこち痛くなってくると、ただ100kmライドが苦痛になるだけ…。

そうならないためにも体のあらゆるところに力を入れないようにして乗りましょう。腕、肩は特に力を抜いて、楽な気持ちで乗りましょう。

段差に注意!

マンホールなど段差による衝撃は相当なもの。体の疲労、パンクのリスクなどがあります。春先は舗装道路の陥没もあるでしょう。周りをよくみながらライドをしましょう。

可能であれば一人ではなく、複数人で

できれば100km経験者と一緒にライドすることが一番望まれるのですが、難しければ一人でも仕方ありません。十分な睡眠をとって疲労のない体調の上望んでください。

パンク修理材やチューブ、補給食などを忘れずに

パンクはいつどこで起こるかわかりません。取替用チューブやパンク修理材、補給食などを忘れないように!

あた路肩に近い所になればなるほど、ガラス片や石などパンクリスクが高まるので、あまり寄り過ぎないようにしてください。

できればコンビニのあるルートを考える

交通量の少ないルートを基本選定するのですが、可能であれば複数ヶ所コンビニの前を通るルートを選べると最高です。

手持ちの食料で足りなくなることも考えられるので、おなかが空きすぎないように注意しましょう。

いつでも戻れるルートを選定しておく

自宅スタートでルートを選定しましょう。

そして、できれば何かあっても早く戻れるようにショートカットルートなどを考えておくと、ハンガーノックになっても何とか戻れると思います。

単純に遠きに行って戻ってくるというルートは何かあっても簡単に戻れないので、リスクを減らすためにも無茶なルートの選定はやめましょう。

ルートはできるだけ平坦メインで

最初は自宅近辺で走ることが100kmライドの秘訣ですが、100kmとなるとちょっと遠くに行ってみたいと思うのが普通です。

そこでルートを作成するにあたり、比較的簡単にできるルート作成サービスがあるのでご紹介します。以前は「ルートラボ」というものもあったのですが、まもなくサービスが終了してしまうため、今回はRide with GPSを紹介します。

Ride with GPS

Ride with GPS

フェイスブックをしている人はアカウント連携ですぐに使えるようになります。もしアカウントをお持ちでなければEメールなど簡単な情報を登録するだけで使えるようになりますので是非アカウント登録をおすすめします。

また、ここは英語版のサイトなので英語表記だと分からないところも多いと思いますので、グーグルクロームを使って自動翻訳して使うと苦労せず使えます。

Google Chromeのダウンロード先はこちら

ルートプランナーで道路をマウスクリックするだけで獲得標高、距離など簡単に計測できます。ルートをダウンロードしてサイクルコンピュータなどに入れれば機種によってはルートをナビしてくれる機能なども利用できます。

まとめ

以上、簡単にですが、100km走るコツと持ち物などポイントを書いてみました。初めてのころはアベレージ速度20~22kmくらいになると思います。

慣れてくると30kmアベレージに近い速度で走ることができるようになるので、一度挑戦してコツを掴んだら、ルートに山岳を取り入れてみるなどしてもいいでしょう。まずは平坦100kmがんばってみましょう!