【初心者向け】タイヤの取替方法

初めてロードバイクを買った!

ロードバイクって気持ちいい!

と、気が付くとガンガン乗っていてタイヤがかなりすり減っている…

ロードバイク乗りによくありがちなんですが、基本タイヤは乗り方や使い方によって3000~5000kmで交換するのが基本となっています。
体重が多い方はより減りやすいので、こまめにチェックしなければなりません。

そこでロードバイク乗りの基本中の基本、クリンチャータイヤ(タイヤの中にチューブが入っているもの)の取替について今回は紹介していきたいと思います。

慣れれば超簡単にできますよ♪

まず空気を抜く

当たり前な話ですが、当然空気を抜かないとタイヤ交換できません。
バルブの上部分のねじを緩めて空気を抜きます。

エアバルブ
バルブナットを緩める

押して空気を抜く

バルブナットを緩めて

バルブナットを取り外す

タイヤを取り外す

タイヤの取り外しですが、タイヤレバーを使うと簡単なのですが、慣れていない人が使うと中のチューブを引っ掛けてパンクさせてしまうことがあるため、できるだけ使わないようにしてタイヤを取り外します。タイヤのビートが全て落ちていれば手で簡単に外せます。

バルブ付近は取り外しにくいと思いますので、ちょうどバルブと反対側から行う方がいいでしょう。

ビートを持ち上げて外側へずらず

タイヤとチューブを一緒に取り外す

タイヤとチューブの取り外し完了

順序まとめ

  1. ビートをすべてホイールの中心に移動
  2. エアバルブの反対側をホイールとは逆側に引き上げる(つまんでひっぱる)
  3. ホイールの外側にタイヤをずらず
  4. ホイールとタイヤの間にできた隙間に手を入れスライドさせる
  5. ホイールからタイヤがとれる

という流れです。

タイヤの取付をするときの注意事項

簡単に言うと逆の順序で行うだけなのですが、タイヤのビートとチューブをはさんだまま空気を入れると大爆発とともにチューブに穴があきます。(今まで3回経験があります…恥)

タイヤとホイールの間にチューブがないように確認してから空気を入れることが必要です。

慣れるまで恐らく何回か挟み込みパンクさせることがあるかと思います。

あとは練習あるのみ、慣れるしかないので練習を重ねてください。外出先でこれをやってしまうと目も開けられませんので…。

またタイヤによってはローテーション指定(タイヤに転がる向きの指定)のものもありますのでよく見てタイヤの組み込みを行ってください。

タイヤのローテーション注意

タイヤの片側のビートのみ入れる

チューブを入れる

ホイールを寝かせてはめていく

エアバルブと反対側から入れていく
(バルブ付近は最後に)

バルブ部分はバルブを押し込んでからタイヤをはめる

タイヤをはめ込んだ後、リムとタイヤの間にチューブがないか確認

空気を入れる

空気圧は7BARを目安

失敗しにくいタイヤ、チューブ組の順序

  1. タイヤ片側のビートのみホイールに組み込む
  2. ホイールにチューブのバルブを差し込む
  3. ホイールを地面と平行にしてチューブを下に落ちるような状態にしながらバルブの反対側から順番にタイヤを入れていく。バルブ部分を最後に入れるようにする。その時にバルブを少しホイールから凹ませながらタイヤを入れる。
  4. 最後にホイールとタイヤの間にチューブが出ていないか確認する。
  5. 空気を入れる(約7BAR)

外出先でパンクしたときにも慌てないように、日頃から練習しましょう♪

クリンチャータイヤにも種類がある!?

ちなみにクリンチャータイヤにも二種類あり、折りたためるケブラービートタイヤ(フォールディングタイヤとも呼ばれる)と折りたためないワイヤービートの2種類があります。

近年はほとんどの場合、ケブラービートタイヤです。
ママチャリや一部安いロードバイクタイヤは未だにワイヤービートが使われています。

ケブラービートのタイヤは比較的簡単に手で取り外すことができるのですが、ワイヤービートの場合は手で取り外せないわけではないですが、ちょっと苦労します。

原因はおそらくワイヤービートには柔軟性がないから…。

ビート部分が頑丈でいいんですけど、扱いにくい、また折りたためないので場所をとるのがネックです。

ちなみにロードバイクのタイヤでは、vittoria zaffiro proがワイヤービートタイヤ。重くてタイヤ交換もしにくいのですが、パンクしにくく、またタイヤの耐久性も高いので、普段トレーニング用タイヤとして使用しています。ちなみにウイグルで10本1万円でした(^^)/ ヤススギデス…

ケブラービートかワイヤービートかの判断の仕方

見分け方は購入時のタイヤが折りたたまれているか、いないかで判断できます。

送料のことを考えると、ほとんどのタイヤが折りたためるケブラービートだとは思います。

どちらかわからない場合は…

購入したときにどうだったか忘れたなどどうしても判断がつかない場合はタイヤを立ててみましょう。

ケブラービートの商品はやわらかいため、たとえ立ったとしても安定しないはずです。一方ワイヤービートのものはビート部分に強度があるため、しっかり安定して立ちます。

ワイヤービートのタイヤ

ケブラービートのタイヤ

まとめ

パンクしたことも考えるとタイヤの組み替えをしやすいケブラービート(折りたためるタイヤ)のタイヤを選んでおくべきでしょう。外出先で苦労したくないですからね。