【初心者向け】スプロケットの脱着方法

リアホイールの後ろについているギアの集まりをスプロケットといいます。

最初のころはこのスプロケットを取り外すことだけでも大変な事。どのように取り外すのかわからないという人も多いかと思いますので、今回も初心者の方向けにスプロケットの取り外し方について解説していきたいと思います。

慣れれば誰でも、また女性でも簡単に取り外しできますよ!

今回はダイレクトドライブのVOLANOを使いスプロケットの取り外しを行っていきます。

工具について

スプロケットリムーバーとスプロケ外し工具というものが必要です。(基本セットで売っています。)

アマゾン、ヤフーショッピングなどで1500円くらいから購入できますので、まずこれを準備してください。

早速取り外しにかかる

取り外し前はこのような状態です。

まずホイールセンターにあるクイックリリースを取り外します。ねじを緩めていけば簡単に取り外せます。

ふつうはここでホイールリムーバーを使って取り外していくのですが、VOLANOではクイックリリース用のアダプターを取り外さなければスプロケットの取り外しができないため、これを外していきます。5㎜の六角レンチが必要です。通常のねじと同じで時計回りと逆の方向で外れます。

ここからスプロケットリムーバーを使いスプロケットを取り外していきます。

工具のチェーンのかけ方

とても簡単!写真のように工具を掛けます。スプロケットの大きなギア2枚目くらいにかけるとやりやすいと思います。

あとは上から体重をかけるだけで中心部分のねじ(スプロケットを固定しているネジをロックリングといいます)が緩みます。ロックリングを取り外してスプロケットを抜き取りましょう。

外れたロックリング

スプロケット取付に関しての注意事項

リアホイールのスプロケット取付部分をフリーボディといいます。このフリーボディの隙間には大きさがあり、大きなスキマと小さなスキマがあります。スプロケットの内側を見ると大小の突起部があります。

ここに合わせてスプロケットを装着していくことになります。またスプロケットには表と裏があり、各ギアに数字が書いてありますが、数字の書いてある方が自転車の外側に向くように取付していきます。(そのようにしか取付できないはずです)

ここに合わせてスプロケットを装着していくことになります。またスプロケットには表と裏があり、各ギアに数字が書いてありますが、数字の書いてある方が自転車の外側に向くように取付していきます。(そのようにしか取付できないはずです)スプロケットの歯の間にスペーサーが入るようになっているところもありますのでお忘れなく!取り外した順番と逆の手順で取り付けすれば全く問題ありません。

そしてすべて取付終わってから工具を使いロックリングを締めて完了です。チェーン付きの工具は使わなくても取り付けできます。思いっきり締める必要はありません。ほどほどに…。

フリーボディの傷が目立つ場合の対処

棒やすり

長く乗っているホイールでスプロケットを取り外そうとするとフリーボディとスプロケットが噛み込み、取り外しにくい、あるいは取付しにくいということが起こると思います。

その場合はフリーボディの毛羽立っている部分を鉄の棒やすりで軽く削ってあげましょう。

これで次回スプロケット脱着時にスムーズに作業できるようになりますよ♪

まとめ

いかがだったでしょうか。最初のころは工具のかけ方もわからないので、どのように作業すればいいのか困ると思います。

この方法なら体重をかけるだけでスプロケットを緩めることができます。思ったより簡単にできるはずですので、取り外し方を覚えておいてくださいね!