雪道でもロードバイクに乗れるぞ

降雪のある地域にお住いの方はどうしても雪が降ると、ロードバイクを外で乗ることはできないと思っているようですが、決してそんなことはありません。

時間があったらバランス感覚を養うために圧雪状態であればなんら問題なくロードバイクに乗ることができます。

雪上ライドで得られるメリット

雪上ライドのメリットは何と言っても「バランス感覚を養う」ことができるところではないでしょうか。

シッティングだけではなく、ダンシングも当然行いますが、ペダリングに無駄が多い、あるいはペダリングの仕方が悪いとすぐに転倒してしまいます。

三本ローラーに乗れるのなら問題なく雪上でも乗れるのではないかと思いますが、バランスのとり方は三本ローラーよりもはるかに難しいです。

雪上ライドのデメリット

機械トラブル発生の可能性

雪が積もっているということは気温は氷点下になっているということです。

この寒さが影響して機材トラブルが起こる可能性が考えられます。

電動コンポ、機械式にかかわらず変速しないということは十分に起こりえることです。

また、転倒時にリアディレイラー周りをぶつけるなど、機械周りのトラブルに見舞われることがあるということでしょうか。

アスファルト路面、三本ローラーよりもはるかにバランスをとることが難しいので常に転倒する可能性があります。

また場所によってはいきなりアイスバーンの路面になっていることもあります。

できればロードバイクの中でも丈夫なエントリーグレードのアルミロードで行った方がいいでしょう。

雪上ライド

寒さ

氷点下の中でのロードバイクトレーニングは過酷です。ウエアはパールイズミの0℃対応のものに、追加でウインドブレーカーを着用することでなんとか耐えられるレベルですが、顔に何もしない状態で走ると痛くて耐えられないのでフルフェイスマスク等も必要になります。

スキーをする方ならスキーウエアで走るのもいいでしょう。

ただし、スキーウェアでロードバイクに乗る場合はチェーン部分にスキーウエアのズボンを挟まないように裾バンドも用意した方がいいですね。

※雪道でのトレーニングは転倒によるけがだけでなく、機材トラブルや自動車との接触事故など、思わぬことが起こる可能性があります。トレーニングを行う際は人や自動車の少ない道路を使いましょう。できればマウンテンバイクやファットバイクなどを使った方がより安全に行えますので、ロードバイクでは自信がないという方は無理をせず、安全重視で乗る自転車の変更を行うことも検討しましょう。